洗顔石鹸シアバター特徴シアバター配合なら?

シアバターとは、西アフリカに生息するシアの木の実からとれる植物性脂肪です。
昔からアフリカ地方の女性の肌を、強い日射しと熱く乾燥した風から守ってきたのがシアバターなのです。
現地でシアの木はとても神聖なものとされており、女性だけが実の収穫から製造、販売などを許されており、男性はさわることすら許されていません。
常温では固形状で、見た目はまるでバターのようであるところから、シアのバター、シアバターと呼ばれています。
お肌に塗ると固形状のシアバターは、体温によって液状に変化し、ゆっくりと浸透していきます。
シアバターの主成分は、オレイン酸とステアリン酸がほとんどを占め、ビタミンなども豊富に含まれています。
抗酸化作用にも優れており、お肌を乾燥から守る働きもあります。
保湿力はもちろんのこと、お肌をやわらかく保つ効果もあり、美肌効果が高いといえます。
シアバターは保存性も優れていることから、多くの化粧品やヘアケア商品に配合されています。
シアバターそのものも販売されており、お肌の保湿剤としてはもちろん、ヘアクリームやハンドクリームとしてなど、さまざまな使われ方をしています。
また、手作り化粧品の材料としても人気があります。
また、市販の日焼け止めほどの高い効果ではありませんが、紫外線を吸収する作用もあります。
日焼け止めで肌荒れを起こすような肌の弱い方でも、安心して使えるとされています。
お肌の保湿効果も高いですから、市販の日焼け止めの下地クリームとして使うのもよいでしょう。
意外なところでは、シアバターはチョコレートの原料にも使われる場合があります。
すべてのチョコレートに配合されているわけではありませんが、一度味わってみたいものですね。
シアバターを配合している石鹸に「ロクシタン/シアリッチモイスチャーソープ」があります。
ロクシタンは、フランスのプロバンス生まれの化粧品メーカーで、植物を原料とした自然派化粧品で有名なブランドです。
日本でシアバターを広めたのはロクシタンといわれており、「シアバター=ロクシタン」という方も多いようです。
そのロクシタンの石鹸は、合成着色料や防腐剤を使用しないお肌にやさしいものとなっています。
世界のセレブリティにもファンの多いNUXEの「レーブドミエルマイルドスーパーファティッドソープ」は、植物オイルを主原料としており、はちみつやシアバターを配合した石鹸です。
他にも、フランスのフレグランスブランドとして有名なロタンティック社の「サボン・ド・カリテソープ」などもあります。
洗顔石鹸ランキング!口コミ人気を厳選【管理人おすすめは?】