洗濯乾燥機のカビ予防について

毎日のように気をつけて洗濯乾燥機を使用していたとしても、カビや汚れは付着しますよね。(汗)カビの繁殖を予防するには、漂白剤でお手入れをする必要があります。それで用意するのは、市販されている衣類用塩素系の漂白剤になります。※ただし、カビを予防するものなので、カビが既に付着してしまった場合、それを除去することはできません。注意しましょう。

この時にお湯を使用しても良いですよ。しかし、45℃以上のお湯を使うと故障の恐れがあります。次に、洗濯槽に漂白剤を200ml入れます。そして、洗濯運転を3分間します。それで漂白剤をよく混ぜます。そのあとは、12時間そのまま放置します。標準コースで水位最高にしまうs。洗濯機を運転してください。(笑顔)<洗濯乾燥機の場合>週に1度、乾燥運転を30分程度行います。洗濯槽内部の温度が60ど以上になれば、カビ胞子は死にます。(笑顔)

また、機種によっては槽乾燥機能が搭載されているものがあります。あと、洗濯乾燥機でも、ヒーターがなくて、送風のみで乾燥させる機種もあります。それでも、洗濯槽内に残った水分を取り除くことは出来ます。また、カビはゴミ取りネットの中にも発生します。水に浸けると比較的にゴミが取りやすくなります。(笑顔)